読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフベックのこと。

毎日毎日ジェフベックのことを考えまくっているのに、それをちゃんと記録として残しておかないのはもったいないなと思い立ちまして、ジェフベックのことしか書かないブログを作りました。 頻繁に更新すると思います。

ジョン・ボン・ジョヴィとジェフベック in レコーディングスタジオ

ジェフベックは1990年にジョン・ボン・ジョヴィさんのソロアルバム「Blaze Of Glory」に全面的に参加しています。11曲中7曲に参加。

 

この時期のベックさんはオリジナルアルバムを10年間出していない時期。それに加えてギタープレイの円熟期でもあるので、この時期の音源というのはかなりベックファンにとっては高ポイントだということは以下の記事でも触れました。


この90年のジョン・ボン・ジョヴィさんのソロアルバム「Blaze Of Glory」のレコーディングセッションの映像が少し残っています。その様子をボンジョビさんのインタビューとともにチラ見せさせるダイジェストがこちら。


まず最初にベックがソロを弾いていてそれが既にかなり素晴らしい。
その後ボンジョビさんが指示を出した後に指示通りの緩やかなソロをその場でサラッと弾くのですが、それを見たボンジョビさんの顔がほころぶ瞬間が最高です!


この「Bang A Drum」という楽曲のギターソロ収録のスタジオ動画ですが、実はもっと長いバージョンが残っています。これも一部なのですが今YOUTUBEに上がっているものだと最長でしょうか。しょっぱなのテイクから素晴らしいです。
(何故か動画名に「Studio Rehearsal in Japan!」って書いてありますがたぶん嘘です。)

 こんな風に同じ曲のソロのテイクを何本も聴き比べられることはめったにないので、とても興味深い。

というか、ジェフベックのギターの音は、やっぱり録りの瞬間からもうこの音なんですよね。MIXで何か処理をしてるとかそういう様子はまったくなく。
そこにも改めて感動できる動画だと思います。

 

このアルバムの発売は90年なのでギターショップ直後ですが、サーフグリーンのストラトや独特のTシャツファッションがあまりにもギターショップ感あるので、もしかしたらレコーディングは同時期にしていたのかもしれませんね。