読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフベックのこと。

毎日毎日ジェフベックのことを考えまくっているのに、それをちゃんと記録として残しておかないのはもったいないなと思い立ちまして、ジェフベックのことしか書かないブログを作りました。 頻繁に更新すると思います。

ジェフベックを見にZEPP TOKYOに行ってきました。

2015年9月25日
ジェフベックを見にZepp Tokyoに行ってきました。
忘備録も兼ねてtwitterに投稿した文章を整理、追記して残しておきます。なので多少読みにくいかも。

f:id:jirohendrix:20150926021537j:plain

メンバーは以下の四人。ジミーホールさんは出てきたり引っ込んだり。

  • Jimmy Hall (Vocal)
  • Jonathan Joseph (Drums)
  • Nicolas Meier (Guitar)
  • Rhonda Smith (Bass)

ジェフベックさん、白いTシャツに黒いシャツで登場。しかし一、二曲終わったらギターを置いておもむろにシャツを脱いでサスペンダー姿に。 なんのためにその黒シャツ着てきたの?というジェフベックあるある。

f:id:jirohendrix:20150926022843j:plain

 

ジェフベックのサスペンダー姿って生はもちろん、写真でもあんまり見たことなくて、第1期ジェフベックグループみたいだなーと思ってたら「morning dew」が始まって超盛り上がったり。

髪の毛切ってて超若々しかったです。71には見えない。

 

終始リラックスモードでほんわかしたライブでした。 ゲストホーカルのジミーホールさんのキャラのせいもあると思うけどかなりアットホームな感じ。

 

ジミーホールさんはジェフベックのライブによく登場するおじさんで、ベックファンからはいらないいらないとよく言われています。実際いらないのですが、いらないキャラとしての立ち位置を確立してもなおあの明るいキャラを押し出すジミーさんにベックファンは強い親しみを覚え始めています。
てか、30年間いらないいらないって言われ続けてるってすごい。


実際ジミーホールが出てくるまでの3曲ぐらい(even odds、You Know You Know、Hammerhead?)は結構ビキビキした緊張感があり、かなりじろう的には満足感高かったんですが、ジミーおじさんが出てきた瞬間に会場の雰囲気がまん丸になりました。ジェフベックもメンバーも笑顔でほんわかしていました。
ジェフベックは本当に緊張しまくってる時はガチガチの痛々しい感じになったりするのですが、そういう感じは一切無し。

 

というわけで普段すごい緊張感に包まれてヤバいフレーズが出まくる「Big Block」みたいな曲はなんだかぼんやりしていて、「Danny Boy」や「哀しみの恋人たち」みたいなしっとりした曲の完成度が本当に高かったです。
中でも「Corpus Christi Carol」の音色はほんとに美しくて感涙ものだった。(この曲やると思ってなかったナー)

 

リラックスしてたせいもあるかもしれませんがいつも以上に構成間違い多め。逆に迷信みたいな曲でも不思議なフレーズを子供みたいにその場で自由に試して「お!これ新鮮!」みたいなハーモニクスのフレーズを発明して、忘れないように(?)二回繰り返したり。

 

一曲目が「even odds」なの新鮮ですごくよかったな~~。
(「even odds」がこんなに時を経てもレパートリーに入ってくる曲だと、99年のWhoElse発売当時に誰が予想しただろうか。。。)

あと2010年以降ライブの定番の「Hammerhead」は今まで聞いた中で一番良かったかな~。

 

でもやっぱオールスタンディングはいいですね。またオールスタンディングで見たい。結局最終的に四列目ぐらいで見てました。


---*---*---*---*---*---*---*---*

というわけで、このテンションのまま明々後日の9/28(月)に渋谷喫茶スマイルでジェフベック飲み会というのをやりますよー! BGMにジェフベック関連のあれやこれやだけで楽しく飲もうと思います。映像も流せたら流そうかな。
普通にひさびさにじろうと飲みたい〜!って方も気軽に来てください。たぶんライブは無いイベントなのでゆったり飲めるかと!19時から終電ぐらいまで!

9/28はちょうど大阪でベック先生がライブやってるんですよね。大阪でライブ見てる方々のツイートとかをチラ見しつつ飲むのもアリかと!

また明日ぐらいにこのブログで詳しく告知しようと思いますのでよろしく~。